2016年03月03日

冬場エンジンのかからない スーパーカブ君

スーパーカブ君 冬場になるとエンジンがかかり悪いので
理由を調べてみた

症状としては1,2日程度ではいいんだけど寒い時に1−2週間乗らずにいると
エンジンがまともにかからない
エンジンかかるまでに10分ほど、キックし続けないとダメ

まず、エンジンがかかりにくくなる原因としては

1つは、寒いとバッテリーの電気分解が悪くなり、電圧が下がり火花の力が弱まる

そして 最大の原因と思ってるのが
エンジンオイルの問題
エンジンオイルが寒さで粘度があがり、ちゃんとピストンに均一に伸びない事や
長時間乗ってないとエンジンオイルが垂れ下がり ピストンに行き渡ってない
これらのことが複合し
エンジンオイルがピストンにちゃんとなじむまで、摩擦が多くなりエンストをすると

エンジンオイルがもうすぐ取り換え目標なんだけど 少し古くなっているのも原因かな

それと スーパーカブはチョークが古いタイプなので、フルにチョークすると 排気口が閉まって??
余計にエンストするので フルにひかずに 適度に引くほうが良いみたい

対策としては しょっちゅう乗ってやることと、エンジンオイル交換と
根気よくキックすること

あといちおう キックしてる時にアクセルあけると、プラグにガソリンがついて
点火悪くなるので禁止


そんなこんなで もっとカブ乗って練習しておこう


blogram投票ボタン
posted by ゆき at 21:43 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ---- いろいろ ---- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。