2016年03月30日

アッペンツェル うますぎる・・・スイスチーズ凄い!


DSC_0561.JPG

まず、フランスチーズモルビエ。

フランスで最も生産される、コンテチーズを作った時に出る 廃棄物の部分を使って作ったチーズ
元々はチーズ酪農家が、自家消費用に作った 勿体無いチーズ。

コンテのカスで作るので1日では量がたらず、1日目は半分量がとれ、腐らないように炭を撒いて
2日目に残りを流し込んで 熟成させるので
真ん中に炭の黒いラインができたと 言われます

現在は、酪農家も大規模になり、1日で目的量のチーズを形成できるため
植物を焼いた炭を、わざと塗っている こだわりチーズです

この、自家消費チーズが、AOP認定を受けてるってのがすごい!

そしてこのチーズは 多少 ウォッシュ系の臭みがあるけど、1日たてば臭みもきえて
コンテよりマイルドで食べやすい

とっても美味しいチーズでした。

多分 日本人でも食べやすいと想う



DSC_0558.JPG

そして、アッペンツェル

スイスの ウォッシュタイプのセミハードチーズ
ウォッシュチーズは トロトロが多いけど、これはセミハード
(セミハードも多いけどね)


で、ウォッシュ特有の納豆臭さがあって1日目は少しきつい・・・・ でもそれが美味しいんですね

しかし 1日おけば、臭みがきえて
うまい!!!!!!

セミハードのウォッシュの特徴としては、最初は臭いけど、1日ほど空気にふれさせ、アンモニア臭をぬくと
納豆菌(の仲間)により タンパク質が分解されて 超ウマイんですよ
チーズって カゼイン(タンパク質)と 乳脂肪の塊ですから
この 細菌による熟成で いかにアミノ酸になるかってのが 美味しさですね

とりあえず 今回は アッペンツェルが うますぎる・・・・・

100g1000円と高価なんだけど  おいしすぎる・・・


blogram投票ボタン
posted by ゆき at 12:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ---- いろいろ ---- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。